Petボトル雨水タンク

雨水日記48 自作雨水タンク1 久々に 自作ペットボトル雨水タンク

雨 久々登場の自作雨水タンクT

   今回ペットボトルで容量アップを図りました。



CIMG1214.jpg



   右上にぶら下がっているのが、少し前に作りました。
   ホームセンターでホース用の継ぎ手を購入。
   これは一番上のパイプから直接、ペットボトルに入ります。
   この継ぎ手は便利で、ペットボトルを抜いても水が出ない仕組みになっています。

雨 ただ、1組で約1.000円かかります。
   ちょっとコスト的には厳しい。
   ということで、新たに1個 約100円で製作に入りました。


CIMG1215.jpg



   ペットボトルのキャップに合い、そのまま装着できます。
   植木の水遣り用の部材です。
   これを写真のようにカット。
   ホースに合うようにします。


CIMG1216.jpg



   そして、ペットボトルの支えを前回のものを延長します。
   白いパイプです。


CIMG1217.jpg



雨 今回はオーバーフローからつなげました。
   水を抜かなくて良いのと、
   水質的にはオーバーフロー水はきれいな為です。


CIMG1218.jpg



   塩ビパイプの20mmにより配管。
   オーバーフロー水が入る仕組みです。

   見てくれは別として・・・
   今回は6本分。これでも12L 増量です。
   ペットボトルが足りず、まだ未完成です。


晴れ 作りながら考えていましたが、
   マンションなどのベランダにいいかな と。  
   雨水管は共用になるので
   確認が必要ですが、箱型の雨水タンクなどを 置く事を考えれば
   立派に省スペースとなります。
   また、ペットボトルに直接入るので、水遣りには最適です。

   塩ビパイプも購入できますし、自作が可能です。
   増設が簡単です。
   ちょっとした事で、お金を掛けずに出来ます。
   見栄えはもっと考えねば・・・

   水の重要性がクローズアップされてきました。
   この貴重な、雨水を生かすべく
   戦いは続く・・・

   今の水鉄砲凄いですね。
   面白い事を考えたいと思います。


Petボトル雨水タンク

雨水日記49 自作ペットボトル雨水タンク2 完成

雨 自作ペットボトル雨水タンク 完成しました。


CIMG1218.jpg


   前回ここまででした。



CIMG1233.jpg


   無事6本ペットボトル装着完了。

CIMG1234.jpg


   こんな感じです。


雨 まだ日も立っていないので、何とも言えませんが
   ペットボトルの雨水がいたってきれいです。

   前回作ったペット雨水タンクは入った雨水がすぐ入る仕組みになっています。


CIMG1235.jpg


   底のほうに藻みたいのが出始めています。

   今回のペット雨水タンクはオーバーフロー水が入る仕組みになっており、
   初期雨水カットがやはり重要な訳です。


晴れ 自作雨水タンクTには、
   初期雨水カットを施しませんでした。
   今回の自作Pet雨水タンクに対しての初期雨水カットの役割をしてくれています。

   現状色んなメーカーから、初期雨水カットの製品は出ています。
   手間がかからないものも出ていますが、それなりの金額になってしまいます。
   この辺ももっと安価にするべく、活動します。

   適切な方法で集水すれば、コストを掛けずに良質の水を確保できます。
   もうひとふん張りです。

Petボトル雨水タンク

雨水日記50 ペットボトル雨水タンク 雨水ストック方法

雨 ここのところ、ペットボトル検索が多いので、
   調子に乗って続けます。

雨 最近ので、ペットボトル雨水タンクはすぐ満タン。
   もったいないという事で、雨水をストックする方法を考えました。

   材料 塩ビ管・ペットボトル・接着剤 以上


CIMG1238.jpg


   VP20X13 ソケット この20側をガスバーナーでアブリ、
   ペットボトルのキャップを接着剤を付けて入れます。左側

CIMG1239.jpg


   VP13により配管

CIMG1240.jpg


   シャワーフックです。

CIMG1241.jpg


   装着。どうでしょうか?
   シャワーフックがもう一つあったので、調子に乗って

CIMG1242.jpg



晴れ ただ地べたに置くよりはいいかな と。

   材料費は数百円 といったところです。
   ペットボトルの強度等、実験していきます。
   ガーデニングや犬の散歩のお供には、最適だと思います。(500mlPetも対応)

   ただ貯めましょうより、こう使えるから雨水タンクを設置しましょう
   の方が、説得力ありますよね?
   ペットボトル リユースにもなりますので、是非ご一考を!!

   これを作って、本格的にPet雨水タンク 構想が沸いてきました。
   ちょっと、楽しみにしていてください。

Petボトル雨水タンク

ペットボトル雨水日記1 雨水カーテンに挑戦 雨水で涼しく

雨 新シリーズ ペットボトル雨水日記 スタートです。
   検索でペットボトルが意外と多いので、色々やってみました。

   雨水カーテンに挑戦してみました。

雨 緑のカーテンも継続中ですが、より涼しく 水で。


Pカーテン1.jpg


   雨水ストックで使った、シャワーフックを使います。

Pカーテン2.jpg


   塩ビ管VP13に3mmほどの、穴を開けます。

Pカーテン4.jpg


   前回作っていた、特性ペットボトルキャップイン

Pカーテン3.jpg


   キャップに穴を開けます。

Pカーテン5.jpg


   セット完了。

雨 いよいよ、実践。
   しか〜し

Pカーテン6.jpg

   見事にペットボトルは潰れ、水も出ません・・・


晴れ 一筋縄には行きませんでした・・・
   後編にご期待ください。
   単純な装置に見えて、奥が深い。

   スッと行くより、試行錯誤しながらのほうが楽しい  と
   自分を慰めつつ、挑戦は続きます。
   一応 完成はしていますので、お楽しみに。

Petボトル雨水タンク

ペットボトル雨水日記2 雨水カーテンに挑戦後編 何とか完成

雨 雨水カーテン続けます。

Pカーテン6.jpg


   見事にペットボトルが潰れました。
   原因は 空気。
   エア抜きを付けなければ、なりません。

Pカーテン8.jpg


   ペットボトルの底に穴を開けました。
   それだけでは芸が無いので

Pカーテン9.jpg


   たまたまあった、チューブを挿入。

Pカーテン10.jpg


   こんな感じです。
   この作業が後にシリーズ化される、ペットボトル雨水タンクに生かされます。
   お楽しみに。

Pカーテン7.jpg


   キャップの穴も大きくしてみました。

雨 水は出たのですが、
   写真を取る暇も無いほど、早く出きってしまいました。
   そこで塩ビ管に開けた穴を、小さくしました。

Pカーテン11.jpg


   持っているキリの一番小さいもので開けました。

Pカーテン12.jpg


   しか〜し、こちらもあっという間に出きってしまいました。

Pカーテン13.jpg


   そこでビスにより、なるべく小さな穴を開けました。

Pカーテン14.jpg


Pカーテン15.jpg


   穴もちゃんとまっすぐでないと、この様にバラけます・・・


晴れ 簡単に考えていた事を反省しました。
   やってみないと解らないものですね〜

   雨水カーテン 再度チャレンジします。
   今度のはもっと面白いです。
   子ども達と製作予定です。
   これまた、お楽しみに。



Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。