自作雨水タンクデザイン

自作雨水タンクデザイン5 雨水タンクデザイン 雨

☔ いよいよ本丸 
  どう表現するか浮かばず、傘の力を借りました。

雨_R.jpg


☀ 今までやってきたものを、たたき台に
  グレードアップを続けます。
  早く実際に創ってみたい。


自作雨水タンクデザイン

自作雨水タンクデザイン6 雨水タンクデザイン 富士山

☔ 富士山にチャレンジしてみました。

富士山_R.jpg


☀ 抽象的なものの方が、作りやすい。
  有名であればあるほど、難しい。

  次回から、幾何学模様に挑戦します。

自作雨水タンクデザイン

自作雨水タンクデザイン7 雨水タンクデザイン 幾何学模様T

☔ 今回から、幾何学模様
  ネットで良さげなものをピックアップ。

幾何学1_R.jpg


☀ しばらく、幾何学模様で攻めます。
  直線的なデザインは馴染みやすそうです。
  ただ、センスが問われます・・・

自作雨水タンクデザイン

自作雨水タンクデザイン8 雨水タンクデザイン 幾何学模様U

☔ 引続き、幾何学模様。

幾何学2_R.jpg


☀ 単純な直線はやはり映えます。
  円などにこだわろうと思いましたが、
  直線にこだわっていこうと思います。
  ネタはまだまだ転がっていますので、続けます。

自作雨水タンクデザイン

自作雨水タンクデザイン9 雨水タンクデザイン 東京オリンピック

☔ オリンピックに挑戦してみました。
  パラリンピックも頑張ってみます。

TO_R.jpg


☀ 1964東京オリンピックを参考にしました。
  シンプルで良いデザインだな〜と
  しみじみ感じました。
  東京のTを入れ込んだのですが、いかがでしょうか?

  まだやれる事があります。

自作雨水タンクデザイン

自作雨水タンクデザイン10 雨水タンクデザイン 東京パラリンピック

☔ オリンピックに続いて、パラリンピック

TP_R.jpg



☀ 抽象的なデザインは難しい。
  これからはやはり、直線で行きます。
  2020まで時間が有るので、もう少し頑張ってみます。

自作雨水タンクデザイン

自作雨水タンクデザイン11 雨水タンクデザイン 組子T

☔ 新シリーズ 組子模様です。
  組子とは、格子・障子・天井・欄間などの細かく組んだ
  構成材の事。
  TVで組子にはまった外国人を紹介していて、
  これは面白いと思い、早速取り掛かりました。


組子T_R.jpg


☀ 直線的でしっくりきます。
  様々なデザインが有り、見ているだけでも楽しい。
  歴史もあり、日本人には何か懐かしさを感じるかもしれません。

  若い職人さんもいて、現代的な取組も多数行われています。
  しばらく、はまりそうです。

R水素

R水素日記3 純水器で精製水を

☔ 前回から続き、今回は純水器を購入。
  本体とカートリッジで¥12.000ほど。

CIMG2854_R_R.JPG

  こちらです。

  キッチン用の浄水器よりキャシャな感じがしましたが、
  これが驚きの結果でした。

CIMG2852_R_R.JPG

  上から水を注ぎます。
  中にイオン交換樹脂カートリッジが入っています。

☔ 前回は導電率の数値変化がわずかでしたが、
  今回きっちり出ました。

  水道水 237 ⇒ 1未満
  雨水   12 ⇒ 1未満
  (小数点が出ないため、1未満としています。)
☀ もともと雨水は12と小さいため、
  うまくすると、もっと簡易なもので良いかもしれません。

  導電率の上では、精製水基準をクリアしました。
  大きな前進です。
  次なるステップは、水質検査となります。
  これで第二段階へ進めそうです。

エコレイン

自作雨水タンクデザイン12 雨水タンクデザイン 幾何学模様V

☔ 幾何学模様 第3弾です。

幾何学3_R.jpg


☀  ごちゃごちゃしてる方が、見栄えが良いのか?
  一定の規則性を持たせ、形を何種類か入れると
  面白い。
  組子模様同様、もう少し追求してみます。

自作雨水タンクデザイン

自作雨水タンクデザイン13 雨水タンクデザイン 幾何学模様4

☔ 今回は本体をいじってみました。
  主役は45度エルボ

幾何学4_R.jpg


☀ 今までは2mx2mの四角で表現していましたが、
  それ以外の形もできると挑戦してみました。
  色々ひねっていきます。

自作雨水タンクデザイン

自作雨水タンクデザイン14 雨水タンクデザイン 文字T 雨

☔ 続いて新シリーズ 文字
  最初は当然 

文字 雨_R.jpg

  見えるでしょうか?

☀ 達筆系のネタを調べて、表現してみました。
  文字がハマれば、広告など活用の幅が拡がりそうです。
  とにかく量稽古
  これしかありません。

雨水活用がゆく

雨水日記62 雨水から水素を 東京スイソミルへ行ってきました

☔ 水素情報館 東京スイソミルへ行って来ました。
  久しぶりに京葉線に揺られ、潮見駅へ。
  工場街という趣で、日曜日にはあまり人がいないようです。

  小学校5年の息子とてくてく歩き、10分弱
  到着

2017022612370000.jpg

  ブルーが眩しく、お出迎え。

☔ 隣にGSがあるんですが、当然水素も有りました。

2017022612380000.jpg

  そして、中へ。

  2階建てで、1階は展示室
  水素の製造模型やクイズコーナー・ビデオ上映など。
  息子は喜んでいました。

  2階には実際の水素充填機が展示してあり、
  操作も出来ました。
  また、自転車で自家発電し水素を作り、燃料電池自動車の模型を
  走らせるという事も体験できました。
  (意外とキツカッタ・・・)
  最後に水素のバルーンをお土産に頂きました。


☀ 入場無料 うたい文句は総合学習施設。
  息子を連れて行って良かったです。
  本音は技術的なところを質問してみたかったのですが、
  そういう施設ではありませんでした。

  しかし、立派な施設なのでもっと宣伝して
  特に子供達には行ってほしいですね。
  こういう施設が出来上がっていること自体を
  今は喜び、町中に水素施設が出来ることを
  願っています。

  R水素日記に書いていますが、
  雨水から精製水を造り水素を造りたい。
  それに向けて歩み始めています。
  乞うご期待!!

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。