バングラデシュ スカイウォーター

バングラデシュ雨水日記2 帰国しました

雨 3/13〜28 無事任務を完了しました。

   東日本大震災 発生から2日後に出発
   こんな時期に行くのかと言われもしました。
   正直悩みましたが、
   今 日本に留まり何が出来るのか?必要とされるのか?
   真剣に考え、最後は妻が背中を押してくれました。

   逆に外から日本を見れた事が、いい刺激となりました。
   被災地の人々の強さを目の当たりにし対照的に
   この国の政治の弱さ。

雨 タイ・バングラデシュ共に
   どんな田舎の方へ行っても、皆が心配をしてくれました。
   世界との距離は確実に縮まっています。
   日本だけを考えていては、取り残されていきます。

   タイはとにかく目覚ましい発展を遂げています。
   20数年前にも訪れましたが、同じ国なのかと感じるほどです。
   近い将来 抜かれる そんな危機感すら感じました。

晴れ タイミングがタイミングだったので、
   この様な話からスタートしてしまいました。

   次回から活動報告に移ります。
   実践的なことは相互リンクの 水援隊 雨水タンク施工の会
   にて報告させていただきます。
   こちらでは、現地の水道事情や街など こぼれ話的なことを書いていきたいと思います。
   カルチャーショックの連続でした。
   お楽しみに


   被災された全ての方々に心より お見舞い申し上げます。


エコ商品

雨水日記46 雨水タンク そろそろ購入しませんか?

雨 震災以降、アクセスが上がっています。
   皆さんの関心の高さが伺えます。

   雨水タンク設置の効用は

   節水
   水害抑制
   浸透も含めて、地下水保全
   災害時の生活用水確保

   などがありますが、
   本日は一つ提案。

雨 今までも災害時に雨水タンクを送った事があります。
   そこで一番耳にしたのが、
   水を貯められる容器が有り、助かりました
   という声でした。

   被災すれば、家も倒壊という事が少なくありません。
   当然 雨水を集水することは不可能です。
   しかし、給水車などからもらった水を貯めておく容器としての活用があったのです。

   毎日行くのを2日に1回程度で済んだなど
   時間の有効活用にも繋がったと考えます。

晴れ 普段は節水などに努め
   いざという時にも活用できる。
   ただ環境に良いですよでは無く、
   自分の命のためにもなります。

   設置コストや設置場所などの制約はあります。
   それを解消すべく活動しています。
   これを機会に考えるというのも良いと思います。

   ちなみに言わずと知れた 楽天市場
   雨水タンクで検索すると、たくさん出てきます。
   眺める事からはじめませんか?

   


   
   

エコレイン

雨水日記47 雨水の活用を

雨 本当に震災後アクセスが非常に上がっています。
   前回お伝えした楽天市場にも行って頂いているみたいです。
   意識の高い皆さんに見ていただいているなと、実感しています。

   楽天市場


雨 依然、設置場所・コストは圧し掛かります。
   現状あるもので、何とか最良の方法を考えていきます。

晴れ 最近 蓄電池が話題になり始めています。
   これを何とか組み合わせるべく、思案中。
   水力発電と組み合わさらないか、思案中。
   雨水活用によるメリット。
   これを最大限に生かすべく、取組みます。

Petボトル雨水タンク

雨水日記48 自作雨水タンク1 久々に 自作ペットボトル雨水タンク

雨 久々登場の自作雨水タンクT

   今回ペットボトルで容量アップを図りました。



CIMG1214.jpg



   右上にぶら下がっているのが、少し前に作りました。
   ホームセンターでホース用の継ぎ手を購入。
   これは一番上のパイプから直接、ペットボトルに入ります。
   この継ぎ手は便利で、ペットボトルを抜いても水が出ない仕組みになっています。

雨 ただ、1組で約1.000円かかります。
   ちょっとコスト的には厳しい。
   ということで、新たに1個 約100円で製作に入りました。


CIMG1215.jpg



   ペットボトルのキャップに合い、そのまま装着できます。
   植木の水遣り用の部材です。
   これを写真のようにカット。
   ホースに合うようにします。


CIMG1216.jpg



   そして、ペットボトルの支えを前回のものを延長します。
   白いパイプです。


CIMG1217.jpg



雨 今回はオーバーフローからつなげました。
   水を抜かなくて良いのと、
   水質的にはオーバーフロー水はきれいな為です。


CIMG1218.jpg



   塩ビパイプの20mmにより配管。
   オーバーフロー水が入る仕組みです。

   見てくれは別として・・・
   今回は6本分。これでも12L 増量です。
   ペットボトルが足りず、まだ未完成です。


晴れ 作りながら考えていましたが、
   マンションなどのベランダにいいかな と。  
   雨水管は共用になるので
   確認が必要ですが、箱型の雨水タンクなどを 置く事を考えれば
   立派に省スペースとなります。
   また、ペットボトルに直接入るので、水遣りには最適です。

   塩ビパイプも購入できますし、自作が可能です。
   増設が簡単です。
   ちょっとした事で、お金を掛けずに出来ます。
   見栄えはもっと考えねば・・・

   水の重要性がクローズアップされてきました。
   この貴重な、雨水を生かすべく
   戦いは続く・・・

   今の水鉄砲凄いですね。
   面白い事を考えたいと思います。

雨水データ

雨水データ日記13 復活!!雨水データ 雨水使用水量を続けます

雨 2010年4月7日に中断した、雨水データ

   勝手に最終回と銘打ちましたが、
   雨水使用水量だけ、復活させます。
   継続は力なりで、出来る事は続けようと決意しました。
   月1回ですが・・・

雨 最近ポンプの動きが悪かったので、
   久しぶりに水道メーター・ボールタップを外してみました。
   見事、泥のようなものが詰まっていました。
   清掃して、こちらも復活!!



CIMG1231.jpg


   これが水道メーター。
   一次側にストレーナという、ゴミ取りの網が付いています。
   そこにへばりつくように付いていました。


CIMG1232.jpg


   こちらがボールタップ。
   便器のタンクの中に有り、この器具から水が入ります。
   規定量で自然に止まります。

   通常は1つです。
   左が水道水 右が雨水
   昔のタイプはこの様にタンク両側に穴が開いていました。
   現在の機種は無く、この様なシステムは難しいです。
   トイレへの給水も難しくなってきました。

晴れ 何はともあれ
   来月からスタートします。

   今回の清掃で、初期雨水カットの重要性を再認識しました。
   初期雨水カットのシステムはあるのですが、
   サボっていました・・・


水援隊14.jpg



   右側の縦のパイプがそうです。
   そこが満タンになると、雨水はタンクに入る仕組みになっています。
   雨がやんだら、下のバルブを開け水を無くします。

   この手間さえ、サボる・・・
   情けない限りです。
   ここ最近は再びやってます。

   この初期雨水カットもそうですが、
   更なるメンテナンスフリーに挑みます。

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。